フランスのドーヴィルで行われているアルカナ社8月1歳セール2日目(18日)で、中内田充正(みつまさ)調教師(40)がガリレオ産駒を150万ユーロ(約1億8800万円)で落札した。馬主の代理購買とみられ、この日全体で2番目、牡馬では最高額の落札となった。

アルカナ社のプレスリリースは中内田師のコメントを掲載している。「優秀な母系の出身で素晴らしい運動神経の牡馬です。日本ではディープインパクトとキングカメハメハを失い、私たちは次の種牡馬を探しています。欧州では異なる父系の馬が買えますし、私たちはガリレオ(の血)が欲しいです。彼ら(購買した馬たち)が日本で走れることを証明したいです。素晴らしいオーナーがいて、私はすごい幸運です。素晴らしい馬たちのおかげで私の仕事はうまくいっています」。


【中内田氏「日本はディープインパクトとキングカメハメハを失い、私たちは次の種牡馬を探しています。」】の続きを読む