12日、オーストラリアのコーフィールド競馬場でG1・トゥーラックH(芝1600m・18頭立て・1着賞金30万豪ドル=約2209万円)が行われた。

道中は中団から進んだ10番人気の日本産馬フィアースインパクト(牡6、C.ウィリアムズ騎手)が最後の直線で鋭く末脚を伸ばし、馬群を割って追い込んだ1番人気ナイツウォッチ(セ6、J.マクドナルド騎手)の追撃を退け、1.3/4馬身差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分35秒19(良)。

フィアースインパクトは父ディープインパクト、母ケイアイガーベラ、その父Smarty Jones。全弟にケイアイノーテックがいる血統。北海道新冠町の隆栄牧場の生産馬で、2014年のセレクトセール当歳で7128万円(税込)で落札された。


【【豪州】ディープインパクト産駒フィアースインパクトがトゥーラックHで豪G1初制覇】の続きを読む