JRAは11日、日本軽種牡馬協会が種牡馬のアニマルキングダムを新しく導入することを発表した。同馬は米国産の11歳で、父ルロワデザニモー、母ダルシア(母の父アカテナンゴ)の血統。現役時代は12戦5勝の成績で、2011年のケンタッキーダービー、13年のドバイ・ワールドCを制している。

同馬は13年からオーストラリアのアローフィールドスタッド、14年から米国のダーレーで種牡馬として供用を開始。オーストラリア、アメリカ、カナダで重賞勝ち馬を送り出してきた。JRAでデビューした産駒はイッツリットが2勝、セイウンアカマイが1勝している。


【日本軽種馬協会がアニマルキングダム導入 ケンタッキーダービー、ドバイWCで優勝】の続きを読む