親父競馬まとめ

5ちゃんねる競馬板のまとめブログです。

    種牡馬

    JRAは11日、日本軽種牡馬協会が種牡馬のアニマルキングダムを新しく導入することを発表した。同馬は米国産の11歳で、父ルロワデザニモー、母ダルシア(母の父アカテナンゴ)の血統。現役時代は12戦5勝の成績で、2011年のケンタッキーダービー、13年のドバイ・ワールドCを制している。

    同馬は13年からオーストラリアのアローフィールドスタッド、14年から米国のダーレーで種牡馬として供用を開始。オーストラリア、アメリカ、カナダで重賞勝ち馬を送り出してきた。JRAでデビューした産駒はイッツリットが2勝、セイウンアカマイが1勝している。


    【日本軽種馬協会がアニマルキングダム導入 ケンタッキーダービー、ドバイWCで優勝】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/09(水) 17:42:45.19 ID:7m73Hm9V0
    発表します

    2: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/09(水) 17:43:30.63 ID:DXSIy/7q0
    どうぞ

    【凱旋門も終わったのでイギリスフランスのサイア―ランキングベスト10を発表します】の続きを読む

    現地28日、米サンタアニタパーク競馬場にてG1アメリカンファラオステークス(2歳、ダート8.5ハロン)が行われ、1番人気に推されていたエイトリングスが圧勝した。

    2着は6馬身差でアメリカンセオラムだった。

    B.バファート厩舎のエンパイアメーカー産駒エイトリングスは、前走のG1デルマーフューチュリティで圧倒的な1番人気に推されながら、スタートから間もなくD.ヴァンダイク騎手が落馬して競走中止。しかしJ.ヴェラスケス騎手に乗り替わった今回はハナを切ってそのまま押し切る危なげないレースで名誉挽回した。


    【エンパイアメーカー、里帰り後の米産駒がG1勝利】の続きを読む

    9月14日にレパーズタウン競馬場で行われたG1愛チャンピオンS(芝10F)へ向けての調教中に、後肢管骨骨折を発症し、現役引退が報じられたクリスタルオーシャン(牡5、父シーザスターズ)が、愛国のクールモアグループに購買され、来春からビーチズスタッドにて障害用種牡馬として供用されることが明らかになった。


    【クリスタルオーシャン、来春からビーチズスタッドにて障害用種牡馬へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/05(土) 15:52:10.38 ID:/9JcCe740
    しゅごい

    3: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/05(土) 15:52:37.08 ID:IJDtqsIE0
    去年のヴピサ当たり年よりは期待できる

    5: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2019/10/05(土) 15:53:44.18 ID:IPAYP2Jr0
    もうずっと前から言われてる事を今さら気付くとか

    【今年の2歳はハーツクライの当たり年?】の続きを読む

    このページのトップヘ