親父競馬まとめ

5ちゃんねる競馬板のまとめブログです。

    武豊騎手(50)=栗東・フリー=が、アイルランドを拠点とする世界的名トレーナーのエイダン・オブライエン氏との初コンビで、今年の仏G1・凱旋門賞(10月6日、パリロンシャン競馬場・芝2400メートル)に参戦することが21日、分かった。G1・英ダービーで4着などがある重賞2勝馬のブルーム(牡3歳、父オーストラリア)に騎乗する。

    オファーの経緯は、このほどJRA馬主のキーファーズが所有権の一部を購入し、同馬の現馬主のクールモアと共同所有する形になったことだ。次走に予定する英G1・セントレジャー(9月14日、ドンカスター競馬場・芝2900メートル)までは現態勢で臨むが、その後に変更の見込み。そこで鞍上として、日本の名手が指名された。キーファーズの松島正昭オーナーは「私は馬主となってから終始一貫、夢は武豊騎手で凱旋門賞を取ることと言い続けてきました。その第一歩です」とコメントした。


    【武豊騎手 英ダービー4着馬ブルームで凱旋門賞参戦】の続きを読む

    22日にイギリスのヨーク競馬場で行われるG1・ヨークシャーオークス(3歳上牝・芝2370m)の枠順が確定した。

    G1・10勝目と12連勝を目指すエネイブルは1番ゲート、前走エクリプスSでエネイブルの2着だったマジカルは4番ゲートに入った。


    【ヨークシャーオークスは4頭立てに エネイブル1番枠、マジカル4番枠】の続きを読む

    馬券購入が禁じられている競馬関係者であるにも関わらず、インターネットで馬券を購入したとして岩手県奥州市の水沢競馬場の厩務員が20日逮捕されました。

    競馬法違反の疑いで逮捕されたのは、水沢競馬場の厩務員で奥州市水沢の石川歩容疑者31歳です。警察によりますと石川容疑者は先月上旬ごろ、競馬法で馬券購入を禁じられている競馬関係者であるにも関わらず、複数回にわたりインターネットを通じてあわせて十数万円相当の地方競馬の馬券を購入した疑いが持たれています。

    警察は、県競馬組合からの情報をもとに捜査を進めていました。石川容疑者は、容疑を否認しているということです。警察は容疑の裏付けを進めるとともに余罪がある可能性もあるとみて捜査しています。

    県競馬組合の千葉義郎事務局長は、「今回の件が事実であれば、極めて遺憾。講習会を通じて厩務員や調教師などの教育を徹底していく」と話しています。


    【競馬法違反で厩務員を逮捕 馬券購入の疑い】の続きを読む

    このページのトップヘ